本文へ

 

タイプ別トイレの選び方

トイレは家族にとって非常にデリケートな空間ですね。あなたに今よりもっと快適で美しいトイレ空間を作っていただくため、リフォーム用のトイレタイプを下でご紹介します。それぞれの特徴を理解し、あなたに合ったトイレタイプをお選びください。

※下記のトイレタイプがきまりましたら、»こちらで排水タイプを確認ください。

タンクレストイレ

トイレ便器背面の洗浄水をためておくタンクのない、すっきりとしたデザイン!!

超節水でタンクレス!ウォシュレットの機能もさまざまなグレードがあり、しかもお掃除ラクラク!

少し前までは「タンクレストイレ=高級品」のようなイメージがあり、なかなか手が出なかったという方もいらっしゃるのでは?

確かにタンク付トイレに比べれば、本体価格は少し高くなりますが、本体そのものの大きさが小さくなるために、トイレ室内を大改装することなく、手軽にスペースを広げることができ、むしろ狭いトイレ空間にはもってこいの商品です。

一体型

一体型トイレはとてもコンパクトになりました!

便器・タンク・ウォシュレットが一体型となったセットで、デザイン性が高く、お掃除もしやすい!!

タンク一体型トイレには二つの長所があります。見た目がお洒落で、タンクが目立ちにくく、すっきりした印象を与えます。

もう一つの長所は、デザイン性が高く凹凸がないので掃除が楽なことです。

タンクと便器をつなぐ金属パイプを拭き掃除する必要がなく、そして、金属パイプがなくなるので、床掃除をするときに邪魔が少なく、床掃除が楽になります。

組み合わせトイレ

価格的に一番リーズナブルなタイプ!!

一番利用されているタイプです。

組み合わせトイレは、便器・タンク・ウォッシュレットが別々に組み合わせることができるトイレです。超節水シリーズももちろん、お気に入りの便座(ウォシュレット)を選べます。手洗器有り、無しも選べお気に入りの組み合わせができます!

好みの大きさの便座も選択し取り付けすることもできますので、便座を再利用するということもできます。

システムトイレ(収納型トイレ)

お好みの収納・手洗器・カラーなどを組み合わせ可能!!

システムトイレは、お好みの収納・手洗器・カラーなどを組み合わせることのできるタイプのトイレです。

収納スペースに小物を収納できるので床に物が溢れず、トイレがすっきり片付きます。凸凹やすき間も少なく、掃除も簡単です。I型、L型、はもちろんさまざまな収納タイプが選択でき、お客様だけのプランを作ることができます。

機種によっては、見せる収納とかくす収納のアイデアを盛り込み、すっきりとコーディネートされた空間に、たっぷりの収納力を確保することも可能です。

立管対応トイレ

室内に排水立管があってもすっきり収まります。

タンク幅が330mmとスリムなので、室内に排水立管があるトイレにも設置でき洗浄レバーも左右選べるので立管がどちら側にあっても対応できます!

【ご案内】CF(クッションフロア)張り替え

CF(クッションフロア)張り替え

現行モデルのトイレは以前のトイレと比べて小さくなっており、工事した際に床に以前付いていたトイレの後が残ってしまいます。その為、新しいトイレに交換する時にオススメしています!

CF(クッションフロア)パターン